6 耕作放棄地を利用した避難先での農業の再開について(更新)
東日本大震災で避難されている皆さんが、避難先などの耕作放棄地を利用して農業を再開する取り組みを支援しています。

[
事業内容]
1)耕作放棄地を再生利用する活動への支援
荒廃した耕作放棄地の再生作業、土づくり、再生農地への作物の導入などに係る経費について、農地の荒廃程度により10アール当たり最大で275千円まで補助します。
2)施設などの整備への支援
耕作放棄地の再生利用に必要な基盤整備や農業用機械・施設、貯蔵施設などの整備に係る経費を2分の1以内で補助します。
3)「実証ほ場」の設置による支援
市町村の地域耕作放棄地対策協議会が「実証ほ場」を設置し、被災された方を雇用したり、作物の栽培実証などの運営業務を委託したりすることで支援します。

【問い合わせ先】
●県庁農村振興課024(521)7415
●県各農林事務所農業振興普及部(営農相談窓口)
●各市町村耕作放棄地対策担当課又は農業委員会

なお、上記の事業を活用した県外の事業者が、避難されている方々を対象に、農作業に従事す る正社員やパートを募集しています。

雇用を希望する人は、下記の各県協議会にお問い合わせください。雇用の条件や事業者の連絡 先などをご案内します。

【問い合わせ先】
北海道滝上町農業再生協議会
0158(29)2111
 担当:小松
●青森県担い手育成総合支援協議会
017(773)3131
 担当:奈良
●岩手県農業再生協議会
019(626)8545
 担当:藤田
●秋田県耕作放棄地対策協議会
018(888)2712
 担当:鈴木

戻る